ずんだもちのすみのほう

まんなかのほうは、あなたへ。

ゲーム上でお金持ちになる意味<没頭力>

秋といったら読書ですね。
最近本を読む時間が長くなりました。

なんで昔から読書の秋と言うのだろねぇ。

f:id:zundamochi_sumikko:20181204213128p:plain
なかおあきらさんの声で


さて、最近、何かに没頭しましたか?
私、趣味とかあんま無いんで、お金がないからセーブしてるのもあるんだけど、没頭すること減っちゃって、
それで久しぶりに没頭したいなと思いまして、この本借りまして。

没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術

没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術

 

 そうそう、いつも私をとりまく、「なんかつまらない」感情をどうにかしたかったんですね。
「こんなこと頑張って何になるんだ」とか「これ上手くなったことで何になるんだ」とか考えずに、没頭することを目的にすると良い、没頭すると時間が早く過ぎて、達成感もあって、良くない?人生、これで充実するよってのをいろんな例えを出したりして、わかりやすく説明している本。
確かに、お金にもならない趣味を続けてると「あれ、何のためにこれやってるの。。。?」ってなりますもんな。私の、これ系の鉄板ネタはトルネコだね。

 トルネコ(ファンタジー世界に住む商売人)を頑張って金持ちにするゲームなんだけど、これが良く出来てて、もう始めたらずっとプレイし続けれるんですよ。時間をかけた分だけちゃんとお金が貯まるし、現実世界と違って、経験値が上がると手に入れることができる額も増えるし、楽しいんだよね。それでご飯食べる時間や寝る時間を削ってまでやりこんで、3日目あたりで、「あれ?私、ゲーム上でこんなにお金もちになって何の意味があるの。。。?」って思うとこまでセットね、このゲーム、私の場合なのだけど。
で、ただただ没頭して、確かにゲームしていた時間は楽しかったので良しとして、「時間の無駄だったんじゃ」なんて、後悔しなくてもよかったんだなぁ、と思えるように。
なんなら没頭することを目標にすれば「なんかつまらない」から抜け出せるから、今後はそれを目標にしていいんだよね、単純に、と思える本。

 

ただ、この本がニコ動?でかなにかの、配信サービスで、著者の人が喋ったままを本にしているので、読み言葉ではなく喋り言葉で書かれていて、それが読みづらかった。
あと、書言葉でかかれていたら、恐らくもっと内容はすっきりして、重要なところにフォーカスできていたのだと思うのだけど、喋っている内容が文になっているだけなので、あっちいったり、こっちいいったりでそこは少し残念。

逆に言うと、かたぐるしい雰囲気は無いので読みやすいし、読んでる最中もたびたび思ったのですが、これ、本ではなくてスマフォとかで読む記事だったら違和感なかったかも、とも。

文章というものは難しいですねぇ。

というところで今日のお話は終わり。

私、趣味見つけたくて、一人旅?なんか、自分の趣味にしてみたいな~、とか
ジオラマ作りたいな~とか、お絵かきまた始めようかな~、なんて、思うだけ思って。

何しようかな、でも読書やブログも趣味だよねぇ。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ