ずんだもちのすみのほう

まんなかのほうは、あなたへ。

旅に出るときなにを持っていこう。 <LIFE PACKING>

みなさんこんばんは。

歳をとったのもあって、ほんと、一ヵ月ってあっという間に終わってしまいます。
だけど給料日はなかなか来ないんですよ、おかしいですよね・・・・?

zunda_69_01.png

本当に毎月1回来ているのかい・・・?

 

 

line_17.png

 

 

 

 

さて、そんな私の日常は置いておいて、今日の本です。

 

 

 

エリカ様の元旦那

 

 

本屋にブラッと立ち寄って、素敵な装丁に惹かれ、パラパラ見たらなかなか面白かったので
その場で中古がないかアマゾンを調べ、安く見つけたのでそのままアマゾンで購入しました。
エリカ様の元旦那の人だと全然気付かなくて、最近のミニマリスト類の人なんだろうと思っていました。

 

買ってみての感想は買うほどではないけど、借りて読むのなら充分価値はあるかなと思います。

 

amazonの紹介文を参照

 「資産99%を処分し

  高城剛が最後に残した

  1%の生活必需品を公開!」

高城さんが残したという1%の生活必需品を、例えば1DAY(一日のお出かけならこのくらい持っていくよ)とか2WEEK(二週間ならこのくらい持っていくよ)みたいな形で纏められて紹介しています。

お財布はなくてゴムで札束まとめていたり、本当に持ち物は少なめです。旅行が多い人は読んで楽しめるかも、特に海外旅行の際のもの選びのヒントが沢山あるように思えます。

 

例えば2WEEKのとこに出てくるお札入れは「ねじめびわ茶」の空袋なんです。
なんでも旅先で泥棒に入られたとき、同行者のお金は盗まれたのに、高城さんのこの袋に入っていたお金は盗まれなかったそう。

 

それから1dayのところで紹介されている白シャツは、入国審査のときに通りやすいから、という理由なんだそう。黒シャツなんかより、通りやすいみたいなんですね。

 

こんな感じでなかなか活用できそうなもの選びの基準が載っていて楽しいです。
中にはホメオパスとかモバイル瞑想セットとか放射性物質を99%除去できるものとかも載っていて、そっち系に寄ってしまうのかヒヤヒヤしながら読みましたが、それまで酷くないので気にならない程度だと思います。

 

あとガジェット好きの方も楽しめるかもしれません。とにかく物が少なくて物選びの基準に悩んでいる方は是非・・・!

エリカ様とは少しライフスタイルが違いそう、うん、全然違うね、という本でした。

 

 

 

ということで今日の本の紹介は終わり。
また最近忙しくなってしまって、全然ブログかけてないけど、たまには書くので、遊びにきてくれると嬉しいです。

 

 

最後まで読んでくれて有難う~

 

 

zm_01.png