ずんだもちのすみのほう

まんなかのほうは、あなたへ。

柿の種

みなさん、こんばんは。
寒くなったり、暖かくなったり本当に油断ならない日が続いていますね。

 

ちなみに私の最近の悩みは全然仕事に集中できなくて、もうなんか無・・・・私の感情無・・・・!ってなっているところです。

 

zunda_62_01.png

もとからやる気なんて無いけどね!

line_15.png

 

そんなこんなで今日の本

 

柿の種 (岩波文庫) 柿の種 (岩波文庫)

(1996/04/16)

寺田 寅彦

 

商品詳細を見る

いやぁ、ほんとに素敵ですよ

 

 

俳句などの文学を愛する物理学者の随筆集です。短いものは2、3行で終わってしまうし、長くても2ページ位かな?文字数はすごく少ないのに、雑に読みたくなくて、少しずつ読んでいったので、読み終わるまでに凄く時間がかかりました。これが本当に不思議で、一日に一つ二つ読むとそれだけで十分に楽しめるんです。むしろそれ以上読んだりするのが欲張ってるみたいで、なんだか勿体無い気がしてしまうんです。

 

内容は、
目は閉じれるのに耳は閉じれない、何でかな~?
とか
スッポンが鳴いた、いやスッポンは鳴かないよわはは~みたいな本当に些細な事なんです。
それが本当に素敵に綴られているんですね。

 

ちょっと疲れたな~なんて思っている人にお勧めしたいな。なんだか荒れてても意味無いなぁ~なんて思ったり、そういえば今日私もこのくらい小さな出来事あったな~なんて思えたり

 

文学がお好きな方なら特に楽しめるのではないでしょうか

 

よし、今日はここまで。
今服ブームが来ていて、今月は散財してしまう予定のずんだでした。

 

 

 

 

 

 

皆さん良い夜を

 

 

zm_01.png