読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんだもちのすみのほう

まんなかのほうは、あなたへ。

革靴のお手入れ

こんばんは、ずんだです。

SL_141001_01.png

へーいへーい!

 

 

 

 

 

 

 

ここだよ~

SL_141001_02.png

トラの置物を知人から頂きました。軽井沢のお土産だそう。

 

かわいいよ~!

 

 

名前はよしおです。

 

 

 

 

 

いつものずんだはこちらです。

zunda_52_01.png

「土日には来ないでって言ったでしょ!!!」「・・・・・ごめんね」

 

 

先週の日曜日は台風でどこにもお出かけできず、引きこもっていました。

特に何の被害も出ずに終わり、良かったです。

 

皆さんは如何でしたでしょうか?

 

 

 

 

line_10.png

 

 

さて、話はかわりまして、服の話です。

 

私は服が好きで、買った服をサイジングなど細かいところをお直ししてもらっています。

 

この前はスラックスのウエストを二本直してもらいました。

そのうち一本は8cmも詰めたのでバックポケットの位置や、ヒップ周りがどうなるか心配でしたが

綺麗に直ってきて満足しました。

 

一本のお直しが裏地の処理などで、4,700円(税別)すると言われて震えていましたが、

zunda_52_02.png

このパンツ、一本はソコソコ高かったけど、もう一本は三千円の品だよ?!

 

何やかんやで、値引きしていただくことになりまして、とても満足。

 

近所のお店に出したのでここで紹介できませんが、みなさんはどうされているのでしょうか?

 

 

とにかく色々手を加えてお気に入りにしているのでとても大切にしています。

 

 

line_15.png

 

 

そこでお勧めのアイテムを紹介します。

 

 

今年はニットが流行していますので、ぴろぴろ糸を出しちゃう人にとてもお勧めします。

 

これが本当に素晴らしい商品で、よく服を引っ掛ける私は重宝しています。

 

今までは、ぴろぴろ出た糸は切るわけにもいかないので、裏側にしまいこんでいました。

ただ、びっちり編んであると隙間が無くて裏に入れれないモノもあるんですよね。

あと、結構時間かかるんですよ、他の網目が広がらない様に気を使ったりして・・・・!

 

 

この針も仕組み的には裏にしまいこむのですが

針で出た糸をさして裏側に一回通すだけで良いのでとても楽です。

網目が詰まっているもの(Tシャツなど)でも、綺麗にしまいこめます。

 

おっちょこちょいの方は是非、レビューなど参考にしてみてください。

 

 

line_15.png

 

 

 

 

 

さて、手をかけるといったら革靴ですよね。

ということで、今日の本です。

 

 

 

これでピカピカ!革靴のお手入れ (NHKまる得マガジン) これでピカピカ!革靴のお手入れ (NHKまる得マガジン)
(2011/03/19)
安富 好雄

商品詳細を見る

メンズ向けの本は沢山ありますが、こちらの本はレディースも載っています。

 

 

2011年にNHKで放送された番組用のテキストの様ですが、番組を見なくても、この本のみで十分です。

いや、でも、ブラッシングのやり方は、映像で見てみたかったなぁ。

 

 

講師の安富好雄さんのサドルソープとの出会いの話から始まり、

一般的なスムースレザーのお手入れから、シープスキン、ヌバックなど

様々な皮のお手入れの説明が大きな写真つきで紹介されています。

 

色あせや、かかとの部分の皮のはがれの修理方法なども載っています。

 

革靴のお手入れは特に水ぶきが大切なのですね!

私は、皮は水が苦手だと思っていました。

 

 

この本を読んで早速、紹介されている方法で、古着屋で買ったブーツを磨きました。

今までも一応磨いてたのですが、この本の方法でやったらツヤの出方が本当に違いました。

 

皮の味わいが良く出て・・・それにぴかぴかに綺麗になりました!

また、皮も前よりも柔らかくなっている感じがします。

嬉しいな~、また磨こう~。

 

 

他の靴も少しずつこの本の方法で磨いていきたいと思います。

 

 

 

初心者向けにわかりやすく丁寧に説明されていて、

本当にいい本だと思います。

 

この本を読むと、靴をきっと磨きたくなると思います。

お勧めです。

 

 

 

 

 

 

さて、靴つながりでこちらの本も。

 

 

足と靴とインソールのお話 足と靴とインソールのお話
(2000/10/01)
フットラボニュース編集委員会

商品詳細を見る

インソール絶対入れる派なんですよ。

 

 

全66ページ、非常に薄くてこじんまりした本なんですが、面白いです。

 

足の構造と機能、歩くときの足の役割から始まり、靴の話へ、そして最後にインソールの話になります。

66ページというページ数から想像がつくかと思いますが、

こちらも初心者向けの本で、決して本格的な話ではありません。

私のような一般人にちょうどいい感じです。

 

「柔らかい靴を履いても足がいたいのですが」

「ローヒールの靴をはいても足が痛いのですが」

こういった質問にも回答がありますが

結局最終的に落ち着くところは、靴の形が合ってないかも知れないから専門の人に見てもらえとか、専門医に見てもえとかです。

まぁ、それが一番ですよね!

ただ、そこに至るまでに色々知識をちりばめてくれるので、読んでいて面白かったです。

 

 

 

 

 

 

 

昔、インソールはつま先タイプのものをよく利用していました。

zunda_52_03.png

ハイヒールだとつま先で体重を支えるので、やっぱりつま先が痛くなるんですよね・・・。

だけど、つま先タイプを入れると、つま先部分のみが底上げになって指のところが窮屈になって、

結局それで指の上側が靴に当たって痛くなったりするんですよね・・・!

 

 

こんな感じのかな。入れるとだいぶ楽になるので、つま先部分の厚みに余裕がある場合にはお勧めします。。

 

それからいろいろ調べて、土踏まずのアーチを支えるものが良いのではと思い、

そういうものを使い始めたらつま先のみの時とは比べものにならないくらいに楽になって

つま先タイプと、アーチタイプと二種類使ってました。

これ、ふかふかしててお気に入りです。すぐにぼろぼろになっちゃうけど・・・・!

 

 

サンダルみたいなものにはこういうのを貼っています。

 

 

 

さらに、今はこの本を読んでかかとまであるインソールを使い始めて、

本当に凄く楽になりました。

 

こんなの。

 

 

今はもうつま先の部分のインソールは入れなくなりました。

そのくらい、私にはこういう形のインソールが合っているんだな・・・・。

 

 

とにかくいい感じです。

 

 

ヒールが無いぺったんこの靴でも

やはり中敷が有るのと無いのでは全然違うので、

疲れやすい人や、足の裏が痛くなりがちの方は是非試してみてください。

 

 

ちなみにインソールを買うなら、都内の方なら、ヒカリエか新宿のハンズがお勧めです。

試し履きしたい放題なので・・・!

ハンズのほうが種類が豊富なので個人的にはハンズのほうがお勧めなのですが

いかんせん駅から遠いんですよね・・・・。

 

みなさんもお勧めショップやメーカーがありましたら教えてください。

 

 

 

 

 

ということで、今回は洋服の手入れについてばかりでしたが

これで終わり!

 

 

皆さん、良い夜を~!

 

 

 

zm_01.png

 

 

FC2 Blog Ranking

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。

良ければ下のバナーを押していただければと思います。

にほんブログ村 本ブログへ