読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんだもちのすみのほう

まんなかのほうは、あなたへ。

星の王子さま

こんばんは。

ずんだです。

zunda_50_04.png

前傾姿勢!

すっかり寒くなりましたね。

zunda_50_05.png

急に寒くなったね、寒いの嫌だね!

結構酷い感じでお腹を壊しました。

zunda_50_04.png

ぽんぽ痛いよー!

みなさん、暖かくして寝てくださいね。

さてさて、最近更新をサボりまくっていた、このブログですが、

zunda_50_03_02.png

アクセスカウンターが3000超えました!

ありがとうございます。

もうすごいスローペースが続くかもしれませんが皆さん宜しくお願いします。

line_04.png

今日はもうめっさ名作を紹介しましょう。


新訳 星の王子さま新訳 星の王子さま
(2005/06/27)
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

商品詳細を見る

なめてはいけない、本当に名作だ!

「砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠しもっているからだよ・・・・・・」と王子さまが言った。

(中略)

「そうだよ。家でも星でも砂漠でも、その美しいところは目にはみえないものさ」と私は王子さまにいった。

ほっこり系女子とかフランスかぶれの人が喜ぶ内容だ、と勝手に思っていたこともありました。

5年くらい前に古本屋で100円で売られていたので、暇つぶしに、と買って読んでみたらとても良くって、

今では好きな本のひとつです。

大人のための物語、といわれる意味が本当によく分かります。

私は子供の頃、大人の思考回路が本当によく分からなくて、

「大人達も昔は子供だったのに、なぜこんなにも私の気持ちが大人たちはわからないのだろう」と不思議に思っていました。

しかし大人になればみな、子供の気持ちを忘れてしまいますね。

私も子供の頃のように疑問に思うことが少なくなっていきました。

今では逆に、子供の考えがわからなくなってしまいました。

子供の頃の忘れた気持ちを思い出すような、

あの頃本当に大切にしていたことなど、

くだらないんだけど、思い出して、なんか不思議な気持ちになる本です。

さて、私が好きなところのひとつを抜粋します。

次の日、王子さまはまたやってきた。

すると狐がいった。

「同じ時刻に戻ってくるほうがいいんだけどね。たとえば、あんたが午後四時にやってくるとすれば、おれは三時にそろそろ嬉しくなる。四時が近づくにつれてますます嬉しくなる。四時にはすっかり昴奮して落ち着かなくなる。幸せにはそれなりの代償もあるということに気がつくだろう。あんたが、いつでもかまわずにやってきたら、気持ちの準備をいつすればいいかわからない・・・・・・きまりというものがいるんだ」

「きまりって、なんのこと?」王子さまがいった。

この狐がいいヤツなんだな!

この後に続く、「きまり」の説明も、すごくいい説明してくれるんだな!

ほっこりできる、本当に素敵な本なので読んでみてください。

あと、絵がほんとに、なんかアンニュイな感じです。

フランス感凄いです。

よし、今日はここまで。

みなさん、良い夜を

zm_01.png

FC2 Blog Ranking

ブログランキングに登録しています。

よろしかったら下の本のバナーを押していただければと思います。

にほんブログ村 本ブログへ