読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんだもちのすみのほう

まんなかのほうは、あなたへ。

本を読む本

こんばんは。

先日、六本木アートナイトへ行ってきました。

真夜中に出かけたのですが、凄く寒かったです。

Sl_140422_02.png

ダンスしてた。今っぽいアート!

Sl_140422_05.png

ボタンがつるされています。rainというタイトルだったような。

Sl_140422_07.png

寒くて、ここら辺ではもう、体半分凍ってるみたいな感覚でした。

花というタイトルの作品の前で写真をとってもらいました。

Sl_140422_03_01.png

林先生のモノマネがこのとき三人のなかで熱かったので、『今でしょ』の顔をしてみました。

真夜中ということで美術館もしまっており、

主に飲んでいました。

アートナイトでも何でも無いような気がしますが、楽しかったです。

私から行こうと誘ったのですが、なんにも下調べしなかったので、来年はちゃんとしようかと思います。

来年も行こうね!

さて、話は変わって、同居人が仕事で北海道に行ったのでお土産を買ってきてくれました。

Sl_140422_01_01.png

3つとも全部お菓子!

バターサンドは既にもう食べきってしまいました。

凄く好きです。

さて、バターサンドの入れ物が可愛いので、栞にすることにしました。

私の栞が増えました!

Sl_140422_06_01.png

紙切れ感

実は栞を買ったことが無くて、いつもなんとなくいいな、と思った紙を栞にしています。

うっかり机の上においておくと、ゴミかと思われて捨てられます。

zunda_33_01.png

『・・・!!!』

ティーパックの入れ物(ケーキの絵のやつ)はもうかなり捨てられてしまいました。

同居人よ・・・それはゴミではありません・・・栞として使っています・・・。

沢山持っているのは捨てられるから、というのともうひとつ、同時に一緒に何冊か読むからです。

本の読み方は人それぞれあるかと思いますが、

こちらの本を読んでみるのもいいかもしれません。

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
(1997/10/09)
J・モーティマー・アドラー、V・チャールズ・ドーレン 他

商品詳細を見る

本からより深い理解を得たい人や、本を読んでもいまいち上手く説明できない人(私だね)に

どのように本と向き合い、考えながら読むか、より本を自分のものにするためにどのようにしたら良いか

詳しく説明されている、読書の手引書とも言える本です。

文は少し堅めなので、この本自体はそんなに読みやすくないような気がしますが、オススメです。

読書が好きな方は読んでみてください。

さて、それとは別に、本好きの方へオススメの本です。

素敵な蔵書と本棚 (GAIA BOOKS)素敵な蔵書と本棚 (GAIA BOOKS)
(2012/08/24)
ダミアン・トンプソン

商品詳細を見る

凄くおしゃれなインテリアブックの本棚のとこだけ乗せた本だと思ってください。

こんな家に住みたい、こんな風に本に囲まれて暮らしたい、と夢が膨らむ一冊です。

zm_01.png

FC2 Blog Ranking

ブログ村のランキングに登録しています。

お手数かとは思いますが、以下のバナーを押してもらえれば幸いです。

にほんブログ村 本ブログへ